電話代行のCTI装置とは

電話代行のCTI装置とは
電話代行サービスを行う場合、お客様の情報をいかに正確・的確に引き出すことができるのかが、大きなポイントとなります。

応対をしながら相手がどんな人なのか、どんな関係にある企業なのかを確認しなければならないようでは話がスムーズに進みませんし、相手によい印象を与えることができません。

そのような現場の問題を解決できる装置がCTI装置というものです。

このCTI装置とは「Computer Telephony Integration System」の略称で、直訳すればコンピューターと電話の統合システムとなります。
その名の通りパソコンと電話を統合することで情報収集を迅速に行うことができる装置のことです。

具体的には電話がかかってきた瞬間にパソコンが反応し、その相手と自社の情報を表示してくれるのです。つまり、番号や氏名、過去の取引、売買の記録、あるいは電話応対の内容などです。

パソコンならではの詳細なデータ化が可能です。
電話がかかってきた段階で、どのような相手なのかを正確に把握し、それに基づいた対応が可能となるわけです。

ナンバーディスプレイなど一般家庭でも相手の番号を確認できる時代となりましたが、CTI装置はそこから一歩進んでより多彩な情報を確認することができるのです。

この装置をもっとも有効に活用している業種が電話代行会社です。製品案内やクレーム対応などを行うオペレーターが使用しているものです。CTI装置は今後さらに性能がアップし、さまざまな場面で使用されることが期待されています。


電話の基礎知識&便利に使う方法