スマートフォンの種類について

お問合せ サイトマップ

スマートフォンの種類について
急速な普及もあり、さまざまなスマートフォンが市場に登場している状況です。

携帯電話にとって変わりつつあるスマートフォン。
では実際にどのような種類が存在しているのでしょうか。

スマートフォンの種類はOSによって分けることができます。
おそらくもっとも有名なのがアップル社が開発した「iPhone」。

現在でも「スマートフォン=iPhone」とイメージしている人も多いのではないでしょうか。

iPhoneは携帯電話に変わる新たなツールとしてスマートフォンを世間に知らしめた画期的な製品でもあります。

それに次ぐ知名度を持っているのが「Android」。
これは元はアンドロイド社。
現在ではそれを買収したグーグルが開発しているOSです。

それから「Symbian」。
上記2つに比べると知名度において劣る印象もありますが、
日本ではNTTドコモ向けの携帯電話で採用されており、そのうちS60とUIQを搭載したものがスマートフォンとして扱われています。

スマートフォンが普及し始めた当初、大きな勢力を持っていたのが「Windows Phone」。

パソコンのWindowsによく似ているのが特徴ですが互換性がありません。
なお、現在では後継に位置する「Windows Phone7」が採用されています。

ほかにも「PalmOS」や「HP webOS-HP」などのOSもあります。
どのOSが目立って優れているといった違いは見られませんが、使用できるアプリケーションの種類等に差が出ています。

世界的なシェアで見るとAndroidが43%で首位、次いでSymbianが22%、アップル社が18%となっています。

どの種類も独自の技術やセンスを売りにしており、スマートフォンを購入する際には悩むことでしょう。携帯電話以上に難しい選択になるかもしれません。


電話の基礎知識&便利に使う方法


プランを比較する お問合せ