電話料金体系について

お問合せ サイトマップ

電話料金体系について
TEL料金は利用した際にかけた側が通話料金を支払うもの。
これがほとんどの人が理解しているTEL料金の体系でしょう。
しかし実際には契約時や利用時にはさまざまな形で料金の発生、支払いが行われています。

まず基本料金。
これは通話とは関係なく毎月かならず支払うことになる費用です。
この基本料金にもいくつかの種類があり、まず大前提となる回線使用料。
設備の保守や更新などにかかる費用を負担するものです。

それから機器使用料。
電話機器をレンタルしている場合に必要な負担です。
そのほかキャッチホンなどのオプション機能を利用している場合に必要となる付加機能使用料、屋内配線をレンタルしている場合に発生する屋内配線使用料などもあります。

それから通話料金。使った分だけ支払う料金です。
固定電話の場合は区域内通話か、隣接区域内通話か、区域外通話かで通話料がかわってきます。

距離があればあるほど通話料金が高くなるのはよく知られています。
電話会社ではさまざまな割引サービスが提供されていますが、その大半はこの通話料の割引で行われています。

ほかにはTELを使ったさまざまなサービスにかかる費用も憶えておきましょう。
たとえば番号案内を利用した際の番号案内料、昔は無料で利用できたものでした。
それから100番や106番などを利用した際に発生するオペレータ扱い通話料、さらに電報料など。
さまざまな仕組みによって料金が成り立っているのです。
一度明細で詳しい内容を確かめてみてはいかがでしょうか。

電話の基礎知識一覧へ戻る


詳細を比較する お問合せ・ご相談・お見積り